広告クリック一考

インターネットを通して数々の無料サービスが提供されるにあたり、広告は切っても切れないものです。
その一方、広告のクリックを避ける利用者が多いのではないでしょうか。
では、誘導やクリックミスからでなくインターネット広告がクリックされる時というのはいつなのでしょう?
その一つの答えとして、広告によるサイト側への収益の発生を良しと思う程度に好感をもっているサイトであり、かつ利用者が広告そのものに情報的価値の兆しを感じる場合、と言うことができると思います。
こういった時に初めて利用者は「いつも利用しているサイトだし、面白そうな内容の広告なのでたまにはクリックしてもいいかも」という、ポジティブな気持ちから広告をクリックするのです。
また時にはどんどん広がっていく興味による場合もあります。
インターネットをしていると、見ないことはないインターネット広告。
普段は目に入ってはいても意識をして視ることはないことが多いのですが、調べ物や探しものしていたり、或いは買い物なんかをしていると、意に沿った広告が表示されることも多く、その際は非常に役に立つものになっているように思います。 自分の興味のあるものばかり、何故表示されるのだろう、と疑問に思った時もありましたが、googleやYahoo!などの検索サイトや、買い物サイトなんかで検索したワードを元にインターネット広告が表示されていることを知り、ITの凄さに驚かされることになりました。笑 このシステムのお陰で、興味のある物についての更なるに情報が入ってくる事となり、その興味がより深いものになっていくこともあり、有用なシステムであると思います。

ただ、調べて居ることが広告によりバレるという可能性も少なからずあるのでその辺りは注意する必要がありますね。笑

広告に余所見で中々進まない
最近は色んなサイトでインターネット広告を見かけますが、GoogleやYahoo等で検索したら出てくる広告にサイトの横側なんかにも広告って貼ってありますね。
検索サイト等は通販の商品を探す時等に使うのですが上の方と下の方に見やすく出てくれるので探す時に便利ですよね。
こういった広告を管理する会社をSEM会社というそうです。SEMっていうのは検索エンジン(サーチエンジン)を利用した販促活動を指します。SEM(サーチ・エンジン・マーケティング)とは?より抜粋だそうです。 私はゲーム関係のサイトとかをよく徘徊しているのですが、ゲーム関係などではパソコン安売りの広告とかパソコン用のゲームパッド等の新製品の バナー広告見るとついクリックしてしまいます、ゲームの情報見に行ってたはずがいつの間にか熱心に商品探しをしいたりなんて事も。
ああいった注目も集めるような語句やうわ~これ気になるなとか思ってしまうバーナーを作成する人たちって凄いですよね。

PR

ページのトップへ戻る